【スマホアプリ開発 通信講座比較】

【スマホアプリ開発の通信講座を比較】押さえるべき3つのポイントとは!?

 

スマホアプリの開発の通信講座はたくさんあるので迷ってしまいますよね。

 

ここでは、スマホアプリ開発の通信講座を選ぶときの3つのポイントを紹介しています。

 

 

1 格安または無料の通信講座ってどうなんでしょうか?

 

スマホアプリの開発の通信講座の中には動画で学べる通信講座というものがあって、
スマホアプリの通信講座の中には格安で、しかも中には無料というものまで・・・

 

このような通信講座はあるのですが、私は余りおススメしません。

 

理由としてはきちんと教えてくれる人がいないため、疑問点があってもすぐに解決できないからです。

 

質問がメールになっていて、せっかく苦労して質問しても相手に伝わらなかったり、
しかもその回答が何日もかかったりしたら、やる気が失せてきますよね。

 

無料という通信講座の多くは有料の通信講座への勧誘であったり、
または就職しなくてはいけないという条件つきのところまであります。

 

そのような点を考慮した場合、きちんと教えてくれる人がいるオンラインのスクールを選ぶことをおススメします。

 

2 人気のスマホアプリの通信講座を比較

以下、人気のスマホアプリの通信講座を比較してみました。

 

2-1 各スクールの特徴の比較

 

テックアカデミー(TechAcademy)

・コース iPhone/Android/Unityの3種類
・早期申込割引あり 1万円割引
・学生料金あり 最大10万円安い
・30分/回(メンターリング時間)
・講師は専属のメンターで
・無料体験あり
・就職保証あり
・就職時は全額返金

コードキャンプ(CodeCamp)

 

・コース iPhone/Androidの2種類
・入会金10,000円(無料キャンペーン中)
・学生料金なし
・40分/回
・講師はその都度、予約
・無料体験あり
・就職保証なし
・就職時は全額返金

テックキャンプ(TECH::CAMP)

・コース iPhone/Unityの2種類
・学生料金 50%割引
・講師はその都度、変わる
・11時〜23時で即対応(質問のみ)
・無料体験(現地のみ)
・就職保証なし
・就職時の返金なし

 

2-2 各コースの料金比較

 

テックアカデミー(TechAcademy)

4週間

8週間

12週間

16週間

129,000

179,000

229,000

279,000

コードキャンプ(CodeCamp)

1ヵ月

2ヵ月

148,000

298,000

テックキャンプ(TECH::CAMP)

1ヵ月

2ヵ月目以降※

128,000

12,800

※但し、質問のみ

 

3 スマホアプリ開発の通信講座を選ぶときの3つのポイント

 

3-1 コースの期間

各スクールのコースの中には1ヵ月未満というコースがあります。

 

中には2週間というコースもありますが、これはコースのプログラミング言語を少しは勉強している人でないと難しいと言えます。

 

本業(職)などの都合で講習のための時間が余りとれないましてや初心者の方は最低でも8週間以上のコースをおススメします。

 

スクールのコース内容以外にもテキストの内容をもっと深く調べたり、講師の方へ質問する内容を考えたりする時間が必要だからです。

 

なるべく短期間で学びたいという方にとってテックアカデミーの8週間、12週間などコースは1週間当たりの料金が割安になるので、嬉しいですよね。

 

 

3-2 コースの内容

各スクールの講師ですが、テックアカデミーとコードキャンプは現役のエンジニアに対して、テックキャンプは大学生の方が多いようですね。

 

どちらが良いかというと現役のエンジニアの方が質問したときの経験を積んだ回答がもらえるのでいいですよ。

 

次にテキストの内容ですが、テックアカデミーとコードキャンプはスクール専用のテキストになっていますが、コードキャンプは市販の書籍を使用しています。

 

市販の書籍というのはプログラミング言語を勉強する上では良いと思います。

 

しかし、オリジナルのアプリを作るという点ではプログラムのカスタイマイズのしやすさや細かい修正方法が明記されていないので、余りおススメはできません。

 

講師とテキストを併せて考えて、総合的に良いのはテックアカデミーといえます。

 

 

3-3 就職に有利になる

テックアカデミーとコードキャンプは就職した場合、全額返金制度があります。

 

テックアカデミーは 就職保証就職できなかったという場合にも全額返金制度がありますが、コードキャンプには全額返金制度がありません。

 

しかもテックアカデミーにはJavaエンジニアリングコースというJavaの学習しながら、
エンジニアを目指すための専門コースもあるので、こちらのコースは就職を前提に考えている人には嬉しいコースといえます。

 

 

4 まとめ

 

スマホアプリ開発の通信講座を期間、内容、転職の3つのポイントに絞って、比較してみました。

 

私の1番のおススメはテックアカデミーで、スマホアプリ開発に必要なスキルが手に入って、転職支援の場まで用意されています。

 

しかも、無料体験も開催中のため、テックアカデミーに入って続けられるかどうか、不安に感じているなら、まずは無料体験をして良さを感じてみることをおススメします。

 

オンラインブートキャンプ 無料体験