スケオスケオ

発注ナビの悪い評判をネットで見つけたけど、大丈夫なの?


スケオスケオ

今回のプロジェクトでビジネスマッチングサイトを利用するという提案だけど、ちょっと心配だね。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

私もネットで発注ナビの悪い評判を探してみましたが、1件のみ悪い評判があるようですね。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

でも、その評判ですが、納品後にバグがあって、即対応してもらったということでしたので、ある程度は仕方がないという内容でした。


スケオスケオ

まあ複雑なシステム開発にはバグは避けては通れない道だからね。


スケオスケオ

発注ナビの評判に関して、詳しいことを教えてくれないかな。


最近、外注先を手軽に探せる「ビジネスマッチングサイト」が流行ってきています。

安価で優秀な企業に発注したい発注側、案件獲得したい受注側、双方にメリットがあると最近人気を集めています。

ネットで調べてみると非常に多くのサイトがヒットしますが、その中でも評判が良いのが発注ナビです。

非常に高評価の口コミも多いのですが、悪い口コミを見つけてしまいました。

しかし、この悪い口コミには、シビアな真相があることをご存じでしょうか。

今回はそんな発注ナビの評判について、悪い口コミから見える本当の評価について見ていきましょう。


1.発注ナビの評判について


それでは早速発注ナビの評判について、良い面悪い面を分けて見ていきましょう。


1-1.発注ナビの悪い評判は?




特に「発注先が見つからない」「発注先のスキルが業務と合わない」など、ビジネスマッチングサイトの核となる部分についての悪い評価は見受けられませんでした。

唯一あった悪い評判は、以下の通りです。


40代 男性

悪い口コミ男性

発注ナビを利用してRubyのシステム開発を依頼しました。無事本稼働は迎えましたが、稼働後不具合がいくつかありました。瑕疵期間だったため修正対応をしていただけましたが、顧客満足度が若干下がってしまいました。


このように「依頼した案件について不具合が出た」といった障害発生に関する評判はありました。

IT業界はシビアな世界。

どれだけスキルが高い企業でも障害発生は避けられない永劫のものです。

ある程度は仕方がないと受領すべきでしょう。


1-2.発注ナビの良い評判は?

悪い評判とは異なり、発注ナビの良い評判は非常に多くあります。


30代 女性
良い口コミ女性

自社のWebサービスの改修をする必要があったのですが、依頼しようとした企業が急遽ダメになったので、発注ナビに依頼しました。当社はIT関連の技術がなかったため、どのようなスキルが必要なのかがわかりませんでした。下手に指定するよりもお任せした方が良いとのことで、発注ナビにその旨お伝えしました。案件内容について詳しくヒアリングして、発注ナビから提案された企業に発注。結果きちんと改修をしていただいたため、非常に満足しています。



40代 男性
良い口コミ男性

システム開発プロジェクトの中で、Webアプリの実装部分を構築するエンジニアが足りなくなりました。発注ナビに必要なスキルを伝えたところ、マッチしたエンジニアをあつめることができました。



1-3.ぴったりマッチした外注先が探せる秘訣とは


マッチした外注先を見つけるための秘訣

良い評判を総合すると、発注ナビに必要なスキルを正確に伝えることが、マッチした外注先を見つけるための秘訣であります。

発注ナビはIT業界に特化したビジネスマッチングサイト。

必要なスキルを正確に把握できれば、完璧に必要なスキルのエンジニアを提案することができます。

裏を返すと、この必要なスキルについて伝える部分に失敗すると、スキル把握にズレができ、マッチングの阻害となります。

また発注ナビはITの知識がない企業向けに、ヒアリング力も強化しています。

知識に不安がある場合は、気にせず発注ナビにおまかせしましょう。


2. どんな人におすすめ




発注ナビはIT業界専門のビジネスマッチングサイトです。

システム開発やWebページ作成など、ITに関連するエンジニアを探している企業や個人におすすめです。

依頼する案件の規模は柔軟に対応可能のため、例えば大きなシステムの1機能を任せたい、設計のみ依頼したいなど、様々なケースで活用可能です。

また、最速で1営業日で必要なエンジニアを提案可能となっています。

エンジニア急病で今すぐ補充したいなどといったケースでも対応できるでしょう。


3.まとめ




発注ナビは、IT業界専用のビジネスマッチングサイトです。

悪い評判は非常に少なく、多くの口コミが良い意見となっています。

マッチした外注先を探すためには、正確に必要なスキルを伝えることがポイントです。

ITエンジニアの要員不足は、ぜひ発注ナビを活用してリソース補充を行いましょう。
↓↓↓
失敗しないプロジェクトの外注先を探すなら【発注ナビ】