カクカク

アウトソースの意味って、何なの?


カクカク

今回のプロジェクトの企画書に目を通してたら、アウトソースという用語があったんだけど、余り聞きなれない用語よね。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

やっぱり、意味が通じなかったかな。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

外注と書こうかと思ったんだけど、外注というのはコストを安くするという意味にとられてしまうので、どちらかというと社外の専門的な能力の活用という意味で、あえてアウトソースという用語にしたんだ。


カクカク

そのことを補足で追記したら、いいんじゃない。あとメリットももっとあった方がいいわね。


カクカク

外注するメリットについて詳しく教えて。



ビジネスを行う上で重要な用語として「アウトソース」があります。

アウトソースはメリットが大きいため、規模の違いはありますがほとんどの企業が活用しています。

しかし、アウトソースにはデメリットも存在します。

それらメリット、デメリットをきちんと見極めが必要となってきます。

今回はアウトソースについて、その言葉の意味からメリット、デメリットなどについて見ていきましょう。


1.アウトソースの意味は?


業務をアウトソースする

アウトソースの意味は「外部委託」です。

ある作業について、本来社内の要員を活用して遂行するところを外部の組織や個人に依頼することです。

アウトソースする作業内容は、袋詰めのような単純作業から、システム開発のような専門作業まで多岐にわたります。

作業内容に応じて子会社や専門業者から、人材派遣会社などに依頼します。


2.外注化するメリット、デメリットについて


ここまででアウトソースの意味について見てきました。

それでは作業を外部委託、外注化する際のメリット、デメリットなどはどのようなことがあるのでしょうか。

次に外注化におけるメリット、デメリットについて見ていきましょう。


2-1.外注化するデメリットは?


外注化するデメリットは?

外注化した場合のデメリットとしては、スキルが社内に蓄積できない点が挙げられます。

作業自体は外部の組織に依頼し、成果物を受け取るのみとなってしまうためです。

外注先が継続して委託業務を行っているうちは良いですが、外注先が業務遂行不可能となってしまった瞬間に問題が発生してしまいます。

単純作業の場合は自社で引き取ることが可能ですが、システム開発のような専門スキルが必要な業務の場合、最悪のケースでは事業継続ができないことも。

このように外注先に依存せざるを得ない状況になってしまうのが、外注のデメリットと言えます。


2-2.外注化するときの3つのメリットとは


外注化するときのメリットは以下のようなことが挙げられます。


高い技術の確保

システム開発などの高い技術が必要な業務では、外注化する事で高い技術の確保ができるというメリットが出てきます。

自社の要員を育てながら業務を行っていくとなると、時間も手間もかかってしまいます。

もちろん自社にスキルを蓄積する目的で内製化を行うという考えもありますが、専門の企業に外注化することで手っ取り早く高い技術を確保することが可能となります。


人件費の圧縮化

人件費の圧縮化

外注化する事で、人件費の圧縮を行うことが可能です。

例えば単純作業の場合、誰が行っても一定水準の成果物ができあがってきます。

自社の要員の人件費が高い場合、そのような作業を人件費の安い人材派遣の活用や海外活用などを行うことで、費用の圧縮化。

自社の要員はスキルが必要な作業に集中させることができます。


事業の幅が広がる

事業の拡大

自社に存在しないスキルの業務を請け負うことができることは、外注化の最も大きなメリットです。

業務を全て内部要員のみで行うとなると、自社で保有しているスキルの内容しか行うことができません。

システム開発を例にとると、設計のスキルはあるがプログラミングのスキルがない場合、自社要員だけで行うとなると設計の業務を下請けで請け負うことしかできません。

しかし、プログラミングを外注化することで、システム開発全体を事業として請け負うことが可能となります。

このように一部業務を外注化することで、事業の幅が広がり、より大きな単位で事業を行うことができるのです。


3.まとめ


アウトソースのメリットのまとめ

アウトソースの意味は、ある作業について外部の組織に委託することです。

外注化にはメリット、デメリットが存在します。

委託する業務の内容などによってメリット、デメリットは異なってきます。

アウトソースは非常にメリットが多い手法です。

うまく見極めて、メリットの多い活用を行いましょう。