スケオスケオ

システム外注の選定の件だけど、まだ余り検討が進んでいないようだけど大丈夫なの?


スケオスケオ

システム外注の選定でプロジェクトが失敗するかどうか、大きなカギを握っているからね。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

おっしゃるように他の作業で余り手がついていませんが、計画書の通り、ビジネスマッチングサイトを採用するようにします。


プロジェクトマネジャー 水斗プロジェクトマネジャー 水斗

発注ナビを採用すれば、早ければ1日でシステム外注を紹介してもらえるので、すぐに承認をお願いします。


スケオスケオ

おいおい、藪から棒にせかすなよ。発注ナビならシステム外注の選定で失敗しないという理由を説明してくれないかな。



システム外注の選定でプロジェクトが失敗するかどうかの大きなカギ

システム開発で重要なのは、いかに優秀なシステム外注をおさえておくかということです。
,
システム開発の現場では、多くの場合で設計は自社で行い、製造をシステム外注に依頼するモデルを採用しています。

もちろん長年お世話になっているシステム外注がいる場合は良いのですが、スキルにマッチするシステム外注が毎回都合よくあるわけではなく、外注探しをしなければならないことも。

システム外注選定は、システム開発プロジェクトが成功するかどうか、非常に重要なポイントです。

今回は失敗しないシステム外注選定として、特におすすめできる発注ナビについて見ていきましょう。


1.システム開発が失敗する要因は?


システム開発が失敗する要因は

システム開発で一番気をつけなければならないことが、必要な期間に必要な要員を確保できないということです。

そのため開発当初に大まかなスケジュールで外注要員をおさえておきます。

例えば製造工程が4ヶ月後にあるため、Unityのエンジニアを10人、2ヶ月間といったように先に要員確保を行います。

しかし、当初スケジュール通り進まないのがシステム開発です。

スケジュールに遅れが発生し、半年作業開始が遅れてしまう場合があります。

作業開始日が遅れるということは、その分作業終了予定日も遅れてしまいます。

外注先のエンジニアもその作業だけを行うわけではありません。

その作業終了予定日まで要員が確保できないということも。

最悪自社にエンジニアがいればなんとかなりますが、いない場合はそこで開発がストップ。

大きくスケジュールを遅らせる必要が出てしまうのです。

システム開発の現場において、システム外注確保は非常に重要な要素なのです。


2.システム外注探しなら発注ナビ!


このようにシステム現場で外注確保が重要な要素ですが、発注ナビを利用することでそれが解決できるのでしょうか。

次に発注ナビについて見ていきましょう。


2-1.発注ナビでシステム外注を探せば成功するの?


発注ナビは、システム開発に特化した外注先選定支援サービス

発注ナビは、システム開発に特化した外注先選定支援サービスです。

1500社という膨大な量のシステム会社から、専門コンシェルジュが厳選した会社を紹介してくれます。

しかも最短当日から対応可能。

例えばエンジニアが病気で倒れて今日から人が欲しいというときでも対応可能です。

システム外注先選定で非常に難しいのが、必要なスキルと外注先のスキルがマッチしているかということです。

発注ナビの専門コンシェルジュは、業界特有の細かな事情などを熟知したプロです。

開発形態、使用言語、ロケーションなどを総合的に判断し、適切な会社を厳選。

それら厳選された数社から条件の良い会社を選べば良いのです。

発注ナビを利用することで、システム開発で起こりがちなリソース不足の心配がなくなるため、成功する可能性が非常に高まります。


2-2.システム外注を選定するポイントは


システム外注を選定するポイント

システム外注といっても、最終的には人と人とのやりとりになります。

発注ナビで数社に限定した後は、面談を実施しましょう。

その中でその会社が納期通り進め、最後までやり切れる会社なのかを見極めが必要です。

またシステム開発の現場では、無理をしなければならない場面があります。

そのようなときに一緒になって頑張ってもらえる会社なのかなども見極めましょう。

そして、良い外注先と出会った時は、末永く付き合いを持つことをおすすめします。


3.まとめ




システム外注探しで困ったら、発注ナビ
いいシステム外注を確保するのは、システム開発を行う上で非常に重要な要素です。

必要な期間に必要なスキルを確保することが大切となってきますが、スケジュール遅延や急な仕様変更で急遽調整が必要となる場合があります。

そんな時に有効なのが発注ナビです。

1500社という膨大な量のシステム会社から、要求にマッチする会社を紹介してくれます。

「今日から人が欲しい」という場合も対応可能のため、ぜひ活用しましょう。

システム開発外注先を探すなら【発注ナビ】